縁側ででんぐり返し。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初恋の人からの手紙
2009年 03月 13日 (金) 09:47 | 編集
+++


ウメ子、ひさしぶり。
もう肉じゃがぐらいは作れるようになりましたか?「肉じゃが作れば女らしいんでしょ」と一人でキレていたウメ子がなつかしいです。

喧嘩が増えてきて、ウメ子が「もっと大切にしてくれる人と付き合う」と言い捨てたあの日から、もう18年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、思いつくままに書いてみようと思い立っただけ。驚いたかな。

今振り返って考えてみると、あのころのウメ子は、穏やかでかわいい雰囲気をかもしだしていたわりに自由人で手に負えなかったのを覚えています。天真爛漫でおれにも優しかったけれど、どうも自分だけのものにならないような歯がゆさをいつも感じていました。「あっさりした恋愛が理想だよね」ってウメ子に押し付けられたときには、なんとも言えない切なさがありました。

あ、そうそう、ウメ子からしてみればおれは初恋の相手でしたね。付き合った当初はやけに「恥ずかしい」という発言を連発していて、こっちが恥ずかしくなった記憶があります。今思えば、むしろ恥ずかしいのを好んでいたんですね。

付き合い始めのラブラブのころは、ウメ子が「時間が止まればいいな」って言ってくれたのを覚えています。あのウメ子の幸せそうな顔は今でも忘れません。思えば最初はかわいかったなぁ。

恋愛を総括して言えば、きっとおれはウメ子と付き合うことができてよかったのだと思います。いつもどこかにいってしまいそうなウメ子と付き合って、最終的には自分との戦いだということを学びました。

いろいろ書いたけど、おれはウメ子が大好きでした。これからもウメ子らしさを大切に、あと、Gカップになるという夢もそのまま追いかけながら(笑)、新しい誰かと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. ウメ子がくれた霊魂が宿るとかいう石、そろそろ捨てていいですか?






+++


こいつ、絶対ワシに喧嘩売るために手紙書いたんだな(ちっ)

>思えば最初はかわいかったなぁ。
・・・ぁあ゛?( ̄‥ ̄)

初恋の人からの手紙

いくつかの質問に答えるだけです。
是非お試しを♪
スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 縁側ででんぐり返し。 all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。